Lay_out_8_after2028

2019年7月8日(月)〜7月14日(日)まで、青森県弘前市と福島県田村市で「Lay_out_8_after2028」というイベントが開催されます。

「様々なモノや人、空間をFUJILABOがレイアウトして魅せる」というコンセプトで継続して開催されているイベント「Lay_out」も早いもので今回で8回目。今回のテーマは「AFTER2028」。2028年の世界大戦後、2036年あたりの国連が機能しなくなりはじめた時代の街並みや人々を、様々なアーティストが表現します。

今回は、ありがたいことにこのイベントにお誘い頂き、僕も今回のテーマ「AFTER2028」に沿って制作させて頂きました。ずっとボンヤリと頭の中にあって、なかなか時間もなくカタチにできないでおりました「ゴショガワラシャッターガイ」という世界観を1つの作品(?)として出してみました。ウェブサイトも立ち上げ、そのウェブサイトを含めて1つの作品(?)としています。時間の限られた中での作業でしたので、まだまだ甘い部分が散見されて恥ずかしいのですが、やっと自分の頭の中のものをボンヤリとカタチにできて、なんとかここから「GSG(ゴショガワラシャッターガイ)ユニバース」を広げられるかなぁという感触です。

もともと、僕は自分をアーティストであるとかデザイナーであるとか、いわゆるクリエイター系であるとは思ってなくて、「なんか作るのが好きらしいよ」みたいな感じが一番しっくりくるので、こういうかっこいいイベントとはもちろん縁遠い存在で、なので、いざこういうのにお誘い頂いて、間違ってアーティスト枠に入ってたりすると、とてもとても恐縮してしまいますね。特にこういうので飯を喰ってる人に対しては申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そんな「なんか作るのが好きらしいよ」的な初老のオッサンが、大好きなものをひたすらコピペして、パクリまくって、加齢臭全開で作りましたってのが、今回の僕の作品(?)になります。コンセプトなど詳しいことは全部「ゴショガワラシャッターガイ」に記しました。基本的にジョークですからね、ジョーク。そういう僕の感覚を理解してくれる、全国に散らばる数名の僕のファンは喜んでくれるんじゃないかなぁと思って、その人たち目がけてピンポイントで作った感ありますなぁ。

もちろん、僕以外は、僕も尊敬する素晴らしいアーティストばかりが揃っております。弘前会場は2019年7月8日(月)〜7月14日(日)の1週間、船引会場は2019年7月13日(土)〜14日(日)の2日間の展示になります。
①文化的要素をコンテンツにしてイベントを開催する
②空き家や空き店舗の活用
を基礎にして、今回選ばれたアーティストがそれぞれの「after2028」を展開します。両会場ともおもしろいことになると思いますので、どうぞ足を運んで頂けると幸いです。

お誘い頂いたFUJILABOさん、ありがとうございます。FUJILABOさんの今後のご活躍も祈りつつ、頂いたテーマやコンセプトを最大限にリスペクトしてつくったつもりです!

Lay_out_8_after2028

弘前会場
【日にち】2019年7月8日(月)〜7月14日(日)
【時間】12:00〜18:00
【場所】旧・登嶋模型店
(〒036-8187 青森県弘前市大字住吉町38)
【参加アーティスト】technos28/Qurover/Oyamada Washo/Mashiko Teppei/gurenoix/sludge/vj risa/FUJILABO
【サウンド】Orihara Ryoji/everything and nothing/DJ shinta
【Info.】Lay_out_8_after2028

船引会場
【日にち】2019年7月13日(土)〜14日(日)
【時間】12:00〜18:00
【場所】旧・橋本家
(〒963-4312 福島県田村市船引町船引字畑添81番地)
【参加アーティスト】technos28/Oyamada Washo/Mashiko Teppei/sludge/FUJILABO
【Info.】Lay_out_8_after2028